ルマケラス®を服用される患者さんのためのウェブサイト

ルマケラスによる治療の対象となる方

ルマケラスは、非小細胞肺がんの患者さんのうち、過去に他の薬物療法を受けたことがあり、KRASの変異(KRAS G12C)を有することが確認された方が対象となります。
※KRAS G12Cの有無は、組織検査や血液検査によって確認します。

ルマケラスの使用ができない方

ルマケラスに含まれている成分に対して、過去に、過敏症かびんしょう(発疹、ほっしんかゆみ、意識の低下、呼吸困難など)を起こしたことがある方

さらに重い過敏症状が出る可能性があるため、ルマケラスを使用できません。

ルマケラスの使用に注意が必要な方

中等度以上の肝機能障害のある方

肝機能が弱っている方に使用した場合、ルマケラスの副作用があらわれやすくなることがあります。ルマケラスの投与前や投与中は定期的に血液検査を行い肝機能に異常がないか確認します。

妊娠中または妊娠している可能性のある方

妊娠中にルマケラスを使用した場合、胎児に影響を与える可能性があります。ルマケラス服用中に妊娠した場合は、すぐに担当医に相談してください。

授乳中の方

授乳の中止または継続について、担当医に相談してください。

BackToTop