ルマケラス®を服用される患者さんのためのウェブサイト

ルマケラスの作用

ルマケラスは異常なKRASの働きを阻害し、がん細胞の増殖を抑えます。

KRASに変異がある場合、KRASのスイッチはONの状態が続き、がん細胞に「細胞を増やして!」という信号を出し続けます。その結果、がん細胞の増殖が促進されると考えられています。 ルマケラスは、「KRAS G12C」とよばれる変異をもつKRASの働きを妨げ(阻害し)、スイッチを強制的にOFFにすることで、がん細胞の増殖を抑えます。

タップすると画像が拡大します。

(イメージ図)

BackToTop